2016年09月12日

「神様の使い、烏天狗が現れた!?」を読んで

●それから数ヶ月、必ず毎月1日の朝には神社へ出向き、神様と宇宙にお礼を伝えていたある日のこと。僕は、気になっていた彼女をデートに誘うことにしました。(本文より)
▼毎月一日に地元の神社に参拝する。8月から始めた新たな習慣です。先月は普通に参拝できましたが、今月は早速寝坊。1日は交差点で朝の小中学生を見守る仕事もあり「お昼にでも行こう」と思っていたのです。しかし昼間は目の回るような忙しさで、いつの間にか参拝をを忘れてまったのです。
▼そして夜、稽古に行くために車を走らせていると、交差点の先にある踏切が閉まっているのが見えました。この踏切が閉まっている時はいつも別ルートを使って踏切を迂回していたのですが、別ルートは地元の神社の前を通る道。神社の前を通った私は当然大事なことを思い出し無事参拝を済ませたのです。
▼私には不思議な力に導かれたように思います。これが「お導き」なのかもしれません。■
↓ポチお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村

posted by 道場長 at 07:53 | Comment(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: