2016年09月19日

「期限が切れたら利子がつく 宇宙へのオーダのしくみ」を読んで

●だからこそ、だ。期限が切れたら、こう叫べ。「やった!これで、利子がつく。もっとすごいことになる!ありがとう宇宙!」(本文より)
▼お客さんに対して「何もなければ○月○日頃に仕上がります」と期限を決めて車をお預かりするようにしています。その通りに仕上がればいいのですが、部品が県内に在庫していないとか、パンクなどの緊急性の高い整備が割り込んでくるなどの理由で、期限に間に合わない事もあります。そういう場合はお詫びの意味も込めて整備料金を割引したり、壊れている所をチョイッと直す、曇っている所をピカピカに磨くなど、お客さんが喜ぶひと手間を加えたりします。納車はちょっと遅れてしまったけれど、お客さんは喜ぶわけです。
▼宇宙が「愛」とか「善意」で満ち溢れているならば、もし期限通りにオーダーが叶わなかった場合、チョイとひと手間を加えてくれている、そう思うとワクワクしますね。■
↓ポチお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村

posted by 道場長 at 08:49 | Comment(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: