2016年09月23日

「パートナーの力でオーダー力は倍になる!」を読んで

●相手の役に立つことで、自分の価値観を高めようとしたり、相手をいいほうに導こうとして相手を変えようとしたりする傾向があるけれど、それってナンセンスよ!(本文より)
▼私の奥さんは、何でも先回りして用意してしまう人です。稽古の日は稽古着がきちんと折りたたまれて用意され、お出かけの日はアイロンをかけたワイシャツ、ネクタイ、ベルト、靴下など、必要なものは全て用意されています。ありがたいことではあるのですが、私の選択肢や考える力を奪われるのが怖くてどうしても素直に受け取れない。でも奥さんからすれば好意なので「せっかく○○してあげたのに!」と言われてしまい、気まずい雰囲気になることもあるのです。
▼無理に役に立とうとしないで、そばにいて信じて見守っていてくれる、それだけでいいんです。信じてもらえるだけで男性は明日も働ける。奥さんには「僕のお母さんになろうとしなくていいんだよ」と伝えようと思います。■
↓ポチお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村

posted by 道場長 at 07:10 | Comment(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: