2016年10月04日

「今目の前にある世界は、やっぱり自分がつくったものだった!」を読んで

●「だろ?ひとつずつやることやってりゃ、怖がることなんかひとつもねーんだよ」(本文より)
▼自動車整備工場にも「繁忙期」はあります。3月登録のクルマが多いので車検は3月に集中します。10月の異動に合わせて9月もクルマが動きます。逆に、その前の月の2月と8月は怖いくらいに閑散としています(いわゆる「ニッパチ」ですね)。
▼不思議なもので、繁忙期程仕事や行事が集中します。正直「何で今壊れるんだよ!」「閑散期に来てくれよ!」と思う事もあります。でもそんな時ほど、ひとつひとつ片付けていかないとダメなんです。同じ優先度の仕事が来たのなら、両方のダンドリだけしておいて、その上で片方をちゃんと終わらせた方がいいんです。「両方終わっていない」というのが一番マズいんですね。
▼本人の能力を超える量の仕事は来ません。落ち着いて一つ一つこなしていけば、何とかなるものです。■
↓ポチお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村

posted by 道場長 at 06:32 | Comment(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: