2016年10月10日

「白猫を抱いたマダムが運んだ、まさかの展開」を読んで

●「占いじゃなくて、オーリングテストです。数珠じゃなくて、パワーストーンでつくったブレスレットですよ」「どっちでもいいけど、とにかく、私にもそのテストやりなさい。今から銀行に行ってお金を下ろしてくるから、私にもつくるのよ!」(本文より)
▼テレビ局の人が、春物の洋服の取材に来ているとき、白い猫を抱いたマダムが偶然お店に入ってくる。春物の洋服特集で訪れたはずの取材クルーの耳に「パワーストーンブレス」の単語が入る。その結果、取材され、放送されたのは「パワーストーンブレス」。
▼宇宙とつながるパイプの詰まりが取れ、宇宙とつながり始めると、このように「偶然」を装った形で物事が動くようになります。
▼このような「偶然」は「チャンス」と言い換える事もできます。偶然を装って訪れたチャンスを、ちゃんとキャッチして活かせるかどうかが、ひとつのターニングポイントなのでしょう。■
↓ポチお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ パワーストーンへ
にほんブログ村

posted by 道場長 at 05:46 | Comment(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: